◆ 代表あいさつ

少年たちの輝く未来のために

 プロ野球選手の現役を引退してから、自分の生まれ育った山梨のために、何か貢献できる事はないかという事を常々考えてきました。その中で「地元の子供達に野球を教えてあげたい」という事は、真っ先に浮かんだ想いの1つでした。それは単なる野球レベルの底上げという事ではなく、ケガをせずに、いつまでもスポーツに取り組んでほしいという事と、健全な精神の子供達が、将来地元を支えていくのに欠かせいない存在だと思ったからです。

 私は現役時代から、常に「大志」という想いを大切にしてきました。文字通り、大きな志です。将来に、未来に、大きな夢を希望を抱く事です。スポーツでも勉強でも、目標を持ち、それに向かっていく情熱という力は、人を大きく動かします。この野球塾での活動を通じて、子供達に自分の可能性を信じと、大志を抱く事の大切を伝えたいと思っています。

代表:四條 稔

◆ ダイヤモンドキッズクラブの指導理念

「上手くなる」の次にあるものを感じてもらいたい

子曰わく、これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。
(原文『子曰、知之者不如好之者、好之者不如樂之者』)

 いきなり難しい言葉を並べましたが、孔子の論語に出て来る有名な言葉です。

その事を知っているというだけでは、好きな人には適わない。その事を好きというだけでは、心から楽しんでいる人には適わない。


 この言葉の通り、人が勉強・スポーツ・楽器などあらゆる文化活動に興味を持ち、上達して行くために、もっとも大切な事は「楽しむ事」だと考えます。
 私の願いは、子供が野球を好きになり、野球選手を目指す子供たちが一人でも増えてくれる事です。そのために私ができる事は、これまでの野球選手としての経験を生かし、多くの人が「上手くなる・結果を出す」という事に喜びを感じてもらう事が、第一歩だと思っています。
 チームやリーグの垣根なく、野球がもっと上手になりたいという人のために学ぶ環境を提供することでお手伝いしたいと考えています。

野球だけでなく、いかなるものにも通ずる熱意を育てる

上達するための三ヶ条・・・「感謝の心」「素直な心」「あきらめない心」

 伸びる人たちが共通して持ってる3つの“心“です。

 向上するために、コーチに言われた事は、まずやってみるというハングリー精神を持って努力する事。結果を出した時の喜び。負けた時の悔しさ。仲間とコミニュケーションをとり、協力する事の大切さ。そういった経験は、大人になって社会生活を営む上でも大切な感情です。私はそれらを野球というスポーツから学びました。

 チームに所属している選手には、チームの指導者と連携を図り補修的に。また、初心者には基礎から丁寧に指導する事で、チームにとっても、その選手にとっても、よりよい方向に導いてあげたいと思っています。